ブレイキング・バッド Wiki
Advertisement

ウォルター・ホワイトJr.とは、ウォルタースカイラーの息子。ウォルターの勤める高校に通っている。脳性麻痺のため、軽度の言語障害と歩行障害を持つ。障害のせいから周囲の攻撃を受けることもあるが、それをものともせず強い意志を持って生きている。ウォルターJr.と呼ばれることを嫌い、自分で名付けた「フリン」と呼ばせることもある。

彼は父の肺がんの治療を助けるために、治療費募金のウェブサイトを作った。弁護士ソールはこのウェブサイトを利用し、ウォルターがメス取引で儲けたお金を経由させ再びウォルターの手元に戻した。スカイラーウォルターの怪しい行動で離婚を計画しているとき、ウォルターJr.は父の側に立ち支えた。

シーズン1[]

シーズン1と2で、ウォルターJr.はウォルターより、叔父であるハンクと親しかった。スカイラーからウォルターが大麻を使用していると聞いたマリーは、ウォルターJr.が大麻を使用していると勘違いした。マリーに頼まれたハンクはウォルターJr.をクロスロードモーテル連れて行き、麻薬の危険性を見せた。

癌にかかった父のことを心配するウォルターJr.はウォルターが化学治療を断わったことに非常に落ち込んでいた。

シーズン2[]

父が突然消えたことに心が傷つき、ウォルターJrは少し反抗の兆候を示した。そのおかげで、ウォルターは化学治療への態度を変えた。彼は父の治療費を得るために、寄付を募るウェブサイトを作った。しかし、ウォルターの弁護士ソールがこのウェブサイトを利用し、ウォルターがメス取引で儲けたお金を寄付する形でウォルターの元に戻した。地元メディアの取材時、ウォルターJrは父が自分のヒーローだと語った。

シーズン3[]

スカイラーウォルターの怪しい行為で離婚を考えているとき、ホワイトJrは母のことを責めて、父を支えた。

シーズン4[]

ウォルターが家に戻り、ウォルターJrはすごく喜んだ。自分の誕生日に父が現れなかったので、ウォルターのアパートを訪れたところ、怪我をした父を見つけた。ウォルターは打ちひしがれ息子の前で泣いた。翌日、ウォルターは自身の父親の思い出について話した。それを聞いたウォルターJrは自分に真の姿を見せた父親ウォルターのことを思い出すと話した。

シーズン5[]

15歳の誕生日で、ウォルターJrは父から新しい車を買ってもらった。ウォルターJrは歳の離れた妹も非常にかわいがっていた。はもうメスビジネスをやめて家に戻ったが、自殺を試みたとの関係修復のためにハンク夫妻に妹ホリーと預けられた。

両親の元に戻り、洗車店の手伝いをしたりして暫し落ち着いた生活を送っていた矢先、ウォルターJrは、父はメスビジネスをやっていることを母親から知らされた。警察に捕まると思った父ウォルターが家族で逃げるため荷造りをしている姿を見て、ウォルターJrは驚いた。彼は父を警察に自分の罪を率直に言うことを勧めた。しかしウォルターは断り、包丁をもった母スカイラーと揉み合いになった際、ウォルターJrは母を守り、警察に通報した。

シーズンの最後、逃亡していたウォルターが彼に電話してお金を送ると伝えたとき、ウォルターJrは父がハンクを殺したことに憤り強く責め立てた。

Advertisement